土曜の夜ならいいですよ/ 1000社寺巡礼

アクセスカウンタ

zoom RSS お薦め本!!・・「私の、知的反逆児」

<<   作成日時 : 2008/03/07 20:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ようやく読めた!!。この本がアメリカで出版され、翻訳本として日本に入ってきた意義は大きい。まるで日本のライターが日本の出版社で出した本のように錯覚してしまいそうになる。ブロディにとっていかに日本市場が重要であり、また、日本を意識して「プロレスラー」という「ビジネス」を続けていたか、また、WWEの天下統一以前の全米各テリトリー制の中での「ビジネス」も詳しく描かれていた。ブロディが一流であったからこそ出来たこともあろうが、よく聞く「プロモーターの搾取」との裏での闘いも興味深い。逆に「プロモーター」からしてみれば、「使いにくいレスラー」であっただろう。経営者としての馬場さんのビジネス手法もある意味ドライであることを感じた。新参者の「ロードウォリアーズ」とブロディのギャラを同じにした事は、馬場さんの計算ずくのことだったかも。新日のビジネスの仕方は、トラブル続きで今も変わらないのではないか。・・・・最近では「レスナー」の件もあったし。そんな事を思いながら。あっと言う間に読んでしまった。
ミック・フォーリーのIWA川崎球場での試合の記述もあり、キヨネス氏の話も必読だ。
もし、ブロディが存命であったなら、FMWのヒール軍団(テリーファンクのアメリカ版FMW軍)の一員に加勢していたかも知れなかったぞ!!!!。

・・・・・・・・今度は、故キヨネス氏の「伝記」も出ないかな。

ブルーザー・ブロディ私の、知的反逆児
ブルーザー・ブロディ 私の、知的反逆児

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
お薦め本!!・・「私の、知的反逆児」 土曜の夜ならいいですよ/ 1000社寺巡礼/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる