恐山 死者のいる場所

画像

恐山は教義を越えたもの。
以前、禅についての本を読んだがその著者と同じお坊さんの本だった。
人は死ぬまでに謝ったり恩に対して礼を言ったほうがいいと。 
謝ったり礼を言う方も、言われる方も死ぬまでにクリアすべきとあるが、物質的精神的な暴力に対しての反撃はどうなのか?
ヤられっぱなしで泣き寝入りで死を迎える人は沢山いるだろう。
暴力行動を起こしてきた相手が死を迎える前に、生身の人間である内に反撃復讐はすべきではないのか?
近代的な法では仇討ちは禁止されているが、恐山が教義を越えたものと同じように、復讐や仇討ちは法を越えたものであろう。




恐山: 死者のいる場所 (新潮新書)
新潮社
南 直哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0