インタビューここからに棚橋選手

KIMG3778.JPG
NHKの早朝番組、インタビューここからに棚橋選手。
棚橋選手が経験した数々の逆境から見いだした乗り越える力や状況を変える力を語る。
デビューしてすぐに総合格闘技ブームや看板選手の大量離脱を経験する。
1万人以上のキャパのある両国での興行に2000人。
海野レフェリーの「どんなに少ないお客の前でも全力で試合を見せないと次に続かないから この試合を大切にしよう」という言葉から、後藤選手との試合が跳ねた。
復活の兆しが見えかけた。
棚橋選手はどのレスラーよりも興行前の事前キャンペーンに出掛け、コミュニティFMなど小さなメディアや雑誌の取材も受け続けた。
誰よりもキャンペーンし、誰よりも練習し、誰よりも激しい試合をしても、疲れたところは見せない。
状況を変えるには行動を変えていかねば変わらない。
暗黒時代の新日を支えたひとりだが、ニューヨークでの興行ではメインではなかった。
状況なんて、そんなものだな。
KIMG3781.JPG
KIMG3782.JPG
KIMG3783.JPG



カウント2.9から立ち上がれ 逆境からの「復活力」
カウント2.9から立ち上がれ 逆境からの「復活力」全力で生きる技術
全力で生きる技術棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えること
棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えること