高野山

KIMG4633.JPG
この前のおなじ岩波新書で密教を読んでその続き的な。
真言宗の入門書など読んでいるので半分はおさらいのような感じになったが、高野山での四季は興味深い。
問答のような研学は常に行われているのだね。
一時期は浄土教からの念仏か真言宗でも取り入れられ、その頃から高野聖の存在も。高野聖については俗っぽい雰囲気もあり今後何か書物を読んでみたい。
三鈷が唐から高野山に飛んできたというものが重文らしい。
重文の価値判断はどこにあるのか?
高野山は関西人でも近くて遠い。
いつか行ってみたい。








高野山 (岩波新書)
高野山 (岩波新書)